人を奮い立たせる知識を学ぶ〜あらゆる場面で活用できるnlp〜

男性

ママセラピストを育成

RTA認定資格を得るには

セミナー

赤ちゃんや子供に対するコミュニケーションスキルを向上させるための活動を行っているロイヤルセラピスト協会では、ママのセラピストであるママセラピストの育成に力を入れています。 ロイヤルセラピスト協会ではセラピー技術と知識が一定のレベルに達した人にRTA認定資格を授与しています。 資格を取得するには、まずはロイヤルセラピスト協会指定のスクールで認定講座を修了する必要があります。 指定スクールは全国47都道府県に存在していますが、必ずしも一番近いスクールに通う必要はありません。 スクールでは基本的に少人数やマンツーマンで指導されることが多いので、近くにあるスクールよりも自分に合った講師がいるかどうかの方が重要となります。

認定資格を取得した後には

ロイヤルセラピスト協会の指定するスクールで修了した後、認定試験に合格することで認定資格を取得することが出来ます。 しかし、実はそれで終わりというわけではありません。 認定資格を取得した人が特定の条件を満たすことで、ロイヤルセラピスト協会の認定講師のライセンスを取得することが出来るようになります。 ライセンスを取得することで、ロイヤルセラピスト協会が認定するスクールで講師として働くことが出来るようになるだけではなく、新たにスクールを運営することも出来るようになります。 そうなるとただのセラピストではなく、個人事業主という扱いになるというメリットもあります。 個人事業主ということは受講料収入を得られることにもなるので、やりがいにも繋がるようになるのです。